上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒いっっ!!
急に寒くなりましたが、皆さん風邪などおめしでないでしょうか?
新型でなくともインフルが流行る季節。
過去、インフルエンザで死にそうな思いをした私は、毎年ワクチン接種をしておるのですが、今年は新型じゃない季節性インフルのワクチンも不足するかも?とのこと。
無事に冬を乗り切りたいものです。



さて、お江戸突撃記も3回目。

さよさん宅で深夜までしゃべくった私達。ですが、私は翌朝いつもの朝散歩の時間である6時過ぎに目が覚める。習慣って怖いなあ。

ぷーこちゃんに、「おまえが邪魔でトイレに行けない怒」と怒られつつ、まだ爆睡中のほか2名を起こさないようにそ~っと身支度をして、てんちゃんを早朝散歩に連れ出しました。


さあさあ、てんちゃん!夕べは小雨が降ってたけど、今朝はきらめくような晴天だよ!
清々しい空気を吸いつつ、2人っきりでお散歩しようじゃないの!!


―と、張り切っていたのですが


てんちゃん涙目?

意外に人見知りっ子なのか?それとも、私と2人っきりの散歩は嫌なのか?
てんちゃん、おションを済ませると即座にお家方向へU-turn。
しばらく、無理矢理走ったりして散歩気分を盛り上げてみましたが、

どうみても楽しくなさそうな顔

どうみても、憂鬱そうな顔になってきたため、あきらめて帰宅。

その後、すずきょんとしばんちゃんが起きてきた為、
朝からこんなにきちんとした和食を食べるのは何年ぶりかしら?って感じの、さよさん手作りの朝食をしっかり食べ、ちょっとした鎌倉観光へお出掛け。


まずは私のリクエストである「佐助稲荷」へ。
すずきょんとしばんさん


源頼朝ゆかりの神社で、すごく雰囲気があるのでいろんなドラマや映画でも使われているらしいです。
実際、いたるところに新旧交々のお狐様が奉納されてあって、陽が陰ると少々怖いだろうなあ…という感じ。
佐助稲荷

佐助の稲荷

でも私はこーゆー雰囲気とか、古いもの、ついでに狐も大好きなので、すごく楽しめました。
わざわざ連れてきてもらって、ホント良かったわ。
さよさん、セバスさん、本当にありがとう!


ちなみに佐助稲荷では黒キツネもとい、てん隊長がのろのろ歩く隊員たちを叱咤激励してくれました。
てん隊長

あずきも、つくねもそうなんですが、犬って大勢で歩くと先頭に立って歩く「隊長」になりたがる。
んで、時々振り返って隊員を気遣って(?)くれるんですよね。


この後、竹林が美しい「報国寺」へ。
癒されるわ

報国寺は足利、上杉の菩提寺らしいです。歴史好きとしては、これまた嬉しい場所。
おまけに噂に違わず竹林が美しく、非常に癒されスポットでございました。



さ、お次は場所を某公園に移動して、いよいよこの旅最大のイベントといってもいい、「東の狂王」ことゲンゲン親分とご対面です。

ゲンゲン

テーマソングは“ダースベイダー”か“ジョーズ”。
イメージ的には北斗の拳のラオウ。

真打が登場したところで、次回につづく。



【登場人物のブログ】
→「さよーな日々
→「柴犬ゲンゲンと飼い主達のドタバタ日記
→「ラブ★すず




「ラブ★すず」の更新がいつになるかが目下の注目じゃ。今年中には更新せーよ。



スポンサーサイト

<< 突撃!お江戸旅行記(その4・完結編) | ホーム | 突撃!お江戸旅行記(その2) >>

お疲れ!寒いけど元気してまっか~!?

かおりん一人でてんちゃんの朝散歩行ったんだ~!
しかしあんなにメランコリックな表情されちゃせつないねぇ~。
どんなに懐っこくてもてん嬢もある意味やっぱがーちゃんどーぢゃんじゃなきゃダメか(笑
鎌倉散策ご一緒出来なくて残念だったわ~。
ちなみにその頃ゲンゲン一家に何がおきていたかは最後にあたくしがお教えしますわ。
今少し時間かかるけど…

ところで最後に写っている坊ちゃんは秋田犬の若犬かしら?!

せっかく散歩連れていってくれたのに、ノリ悪くてすんません…にしても露骨に不安ガオしとるねぇ。
普段はベタベタしないから誰でもええやろうと思いきや、いないと不安がるチキン柴やねぇ…
さすが6年連れ添ってるとムスメ達の目で機嫌の良し悪しが多少はわかるようになったかも。あ、セバスは糸目でわかりにくいから未だに何考えてるんかわからんことたくさんだけど(笑)

佐助もあのくらいの時間だと人も少なくてよかったね。時間配分のヨミが甘すぎたのがちょっと後悔だけど。
いよいよ『かわいい秋田』の登場ね(笑)

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。