上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2年前の11月23日、今日と同じタイトルの記事をアップしました。

うちの近所の海に投げ込まれた2匹の仔犬。
その後しばらく2匹で野良をしてたけど、保健所に捕まってしまった1匹の仔犬。
保健所から連れ出したものの、保健所で感染したパルボで死んでしまった仔犬。

その子のことをブログに書いたとき、読んだ皆さんが自然に呼び始めた名前。
それが「チビ」でした。

保健所の

昨日は「チビ」の命日だったので、仕事が休みになった今日、お墓参りに行ってきました。

あいにくカメラを忘れてしまって写真がありませんが、2年前と同じく綺麗で静かでした。

チビの兄弟犬「シロ」は、その後多くのかたの協力で無事に保護することが出来、チビの里親にと手をあげてくださった斎藤さんに引き取られ、斎藤さんがチビに…と考えていた「charo(チャロ)」の名前を与えられ幸せに過ごしています。

あまりにも早く逝ってしまったチビ。
もしもチビが生きていたら…と時々考えます。
チビが生きてたらシロはどうなっていただろう。
斎藤さんの元には言ってなかったかもしれないです。

なんだか、縁(えにし)というものを考えさせられます。

すべてのものには縁があって、それは人間だけではなく、今まで飼ってきた犬や他の動物たち。
飼ってあげられなかった動物たち、死なせてしまった動物たちとも確かな縁があったのだと思います。

チビはきっと生まれかわって、すっごい幸せに生きてることと思います。
兄弟のチャロも幸せにしてるよ。安心してね。

スポンサーサイト

<< 12歳になりました! | ホーム | 老化…かな? >>

お墓参り、ありがとうございました♪
去年も今年も行くことができず、歯がゆいです・・・。
でも、いつも写真を見ながら話しかけてるので、
気持ちは毎日お墓参りしてるようなものかもしれません。

「チビ」のおかげで「シロ」と出会えて、
その「シロ」は今、
「チビ」の分までたくさんのことを覚えて家庭犬を謳歌してます。

今度こそ、「チビ」が幸せなワンコとして生まれ変わりますように。

【返信】

★斎藤トレーナーさん★
遠いところなんで、お墓参りはこちらにお任せください。
私もそうそう行けていませんが。
気持ちが一番大事だと思うんで、チビも喜んでると思います。
いや、もう転生してるだろうから通じてないかも(笑)
シロcharoが1年間も野良犬だったなんて、もう誰もわからないですよね。
ホントに縁あって斎藤さんの元へいけて幸せな子だと思います。
今年…は厳しいかもだけど、来年は絶対会いにいくぞ!!

チビに

こんにちは。
「縁」ですね。
もう亡くなって25年にもなりますが、讃岐の学校の校庭から連れて帰った子のことは、今も思い出します。
今ここに生きる、その縁に連なる子達に幸せをと、思いを新たにします。
そしてチビには、新しい幸せな日々を。

【返信】

★NTNCさん★
25年たってもずっと覚えてもらえるなんて、
学校の校庭から連れて帰ってもらえたその子は、
きっとすごく幸せな一生だったことでしょう。
すべての動物を幸せにすることは出来ませんから
せめて縁のある子だけでも、
幸せにしたいと思います。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。