こんばんは!

サッカー日本代表の試合に気もそぞろですが、
長らく修理に出してたパソコンが帰ってきましたので、ブログの更新をしておかねばなりません!

まずは、あずきさんの近況です。

あずきさんの住まう香川県では、ただいま「瀬戸内国際芸術祭」なるものが催されております。
瀬戸内国際芸術祭

瀬戸内海に浮かぶ12つの島と現代アートを融合させた、なかなか興味深いもの。

現代アートにさしたる興味もないあずきさんも、正活圏に近い場所で行われるアートの祭典が少々気にはなっているよう。

じゃあ見に行こうじゃないか!

というわけで、まずは春シーズンのみの会場となる「沙弥島」へ行ってきました。

沙弥島という場所は、今は埋め立てられて地続きになりましたが、かつては島だった所で、
美しい海、磯の香り、波の音…と、会場となっている沙弥島のすべてがアート作品なんだろうな…と思わせられるような場所。

小さい漁港
一見するといつもの散歩と変わりませんが、アート会場近郊です。

その証拠に、瀬戸大橋が見えます!
ナカンダ浜

アート作品もあります!
そらあみ

これは「そらあみ」という作品で、瀬戸大橋下の5島の漁師が共同で編んだのだとか…。
詳しく知りたい人は、自ら調べてくださいね。

ほら、こうやるとあずきもアート犬っぽく…(見えるんじゃないかな?)
そらあみプラスあず

食べるアート作品「島スープ」。
千年スープ

岩場につく貝の一種「カメノテ」や、地元で取れる野菜や海藻がたっぷり。
味はまあ…。
うん、海辺で海を見ながら食す!というシチュエーション込みで、美味しかったです。
カメノテはうちの祖母がよく採ってきて、出汁に使ってたなあ…と懐かしく思い出しました。
「島スープ」は大人気で、お昼過ぎには完売になってたなあ。


「島スープ」を売ってた小屋?も実はアート作品だったらしい。
西のなんとか(屋上)

登れるようになってたので、もちろんあずきさんも登る。
上からの海の眺めは素晴らしいですよ。
西の家だっけ?

この後は、廃校になった学校を舞台にしたアートを見に行きます。

サッカーが気になって仕方ないので、続きは次回。

スポンサーサイト

<< 瀬戸内国際芸術祭-春- | ホーム | 好みのタイプ >>

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP